動物のパークとは

動物のテーマパークへ行く

大型動物を見れるパークについて

大型動物と言えばイメージするのはゾウです。千葉県にはそんなぞうを間近で見れるパークがあります。それが「市原ぞうの国」です。動物園と言うと、檻の中にいるゾウなどを見てるだけのところが多くありますが、「市原ぞうの国」ではぞうにエサをあげたり、鼻に乗ったり、ゾウたちの可愛いショーを見ることができます。また、ゾウ以外にもカバやラクダ、ラマなどにもエサをあげて触れ合うことができます。ただ見るだけでなく、実際に触れて楽しみたいという方には「市原ぞうの国」はおすすめです。間近に見れるので小さなお子さんにも良い体験になります。

動物を中心にしたテーマパーク

動物を中心においたテーマパークや遊園地は多数あります。近年、行動展示がクローズアップされ、それをもっと身近にした形態と言えるでしょう。何を中心にし置いているかによってわんわんランドとか、にゃんにゃんランド、ペットふれあい王国、動物王国などの命名がされているので分りやすくなっています。見るという要素にに加え、何らかのアトラクションを導入したり、抱っこしたり、触れたりとすることを入口として、体験型では餌やり等の世話を取り入れて、それぞれをより知ってもらおうという意図もあります。親しむことによって人と同じように生きている存在だということ、生存するためにはどうしなければいけないか、等考えるきっかけにつながっていくのでしょう。

動物のパークに関する情報

新着情報

↑PAGE TOP